よく患者さんから
「先生、〇〇のテレビ番組観た?」と
健康についての番組のことを聞かれます。
昨日も「頭痛」についての番組があったそうで
その内容について、教えてもらいました。

西洋医学を否定するわけではありません。

西洋医学の良いところは、客観的に身体内部を
数値化することで、身体の内部を現してくれます。

重篤な病気も早期に発見してくれます。

薬も、症状の早期の回復を願い
研究されて作られているものです。

しかし、病院へ通っているのに長らく
その症状が改善されないこともあり
当院にいらっしゃる患者さんもいます。

当院では
「頭痛」を起こすまで身体を緊張させる
何らかのプロセスがあったのでは?と考え
身体のバランスが乱れたのでは?と考えます。

そして、その緊張を和らげ
バランスを整える治療を施します。

考え方、アプローチの違いなんです。

その考え方、アプローチに共感を覚えて
来院される患者さんは多いです。

「手当て」と「調整」で病気に負けない身体作り